2009年 01月 20日

初生雛鑑別師

いろんな資格試験があるけど、ふと目にしてとかく興味をひかれたのが「初生雛鑑別師」。
字面から想像できるように、卵から孵ったばかりのひなの雄雌を見分ける特殊技術者のことだそうだ。

それって技術がいるんだ! てことも、資格試験があるんだ! てことも驚き。
毎年「全日本初生雛雌雄鑑別選手権大会」があって、今までの最高記録は100羽を確率100%で鑑別するタイムが3分00秒というもの。 3分が180秒だから、2秒に満たない間に1羽見分けるのか。よくわかんないけどすごいぞ。
b0064137_2120717.jpg

気になる年収は500~600万円が一般的で、主な仕事先は海外らしい。
もともと初生ひな鑑別の方法は、日本で発見されたもので、現在諸外国のひなの大半は、日本人の鑑別師が鑑別しているんだそうだ。

残念ながら年齢制限があってもう受験資格はないんだけど、奥が深い世界だなー。

-----------
初生ひなの鑑定 社団法人畜産技術協会
畜産技術協会でユニーク仕事発見!初生雛鑑別師 畜産ネット 畜産関係者のブログより。この畜産ネットもおもしろそうな記事がたくさん。
[PR]

by kyuuuu | 2009-01-20 23:59 | Ordinary days


<< あるじは不在      正月といえば凧揚げ >>